抹茶のレシピ ~ヨーロッパの食材を活かした抹茶レシピ集~

皆さん、こんにちは。バルセロナ発の抹茶レシピ集です。海外で抹茶のお菓子を作るのは大変ですよね。まず新鮮な抹茶がなかなか手に入らない、海外で調達できる食材を活かしたレシピがなかなか無いなどなど。このブログでは海外、とくにヨーロッパでも簡単に手に入る食材で作れる抹茶レシピを紹介しています。日本にはないヨーロッパ風のアレンジも沢山載せていきます。海外にいても抹茶をたくさん料理したい方は是非ご活用下さい! ざ・抹茶はうすはお陰様で2014年春、設立5周年を迎えます。本年もご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い致します。 編集部 info@thematchahouse.com

2015年12月27日日曜日

失敗しない、綺麗色の抹茶ショートケーキ

抹茶ショートケーキが大好きで、失敗を重ねながら、何回も何回も作ってきた結果、このレシピが一番安定していて、失敗がないと思いましたので、自信を持ってご紹介します。スポンジケーキはしっとりふわふわなのにしっかりとしていて型くずれしにくく、持ち運びにも最適です。綺麗な抹茶色に仕上げる為に、クロレラ抹茶を使用しています。失敗しないための幾つかのコツも書きとめておきましたので、どうぞご参考ください。クロレラ抹茶はこちらで販売しています。なお、泡立てた卵の力で膨らませますので、ベーキングパウダーは使用しません。レシピは甘さ控え目です。

材料

18cm x 高さ8cmの丸型の型を使用(8人分)

(抹茶スポンジケーキ材料)
製菓用小麦粉        95g
グラニュー糖        85g
卵               3個
クロレラ抹茶         6g
牛乳             30g
バター            30g

(装飾用材料)
生クリーム         400ml
グラニュー糖        お好みで
木苺             24個

1.卵を常温に戻します。(コツ1 卵が冷えていると泡立ちにくいです)オーブンは180℃に熱しておきます。
2.ボールに卵を割りいれ電動泡だて器で低速で3分泡立てます。
3.砂糖を加え、中速で更に5分泡立てます。
4.3.を湯煎にかけ、続けて泡立てます。
5.あたたまったら湯煎からはずし、続けて 生地がまったりとし文字がかけるくらいになるまであわ立てます。(コツ2 泡立てが足りないと膨らみに影響します)
6.小麦粉とクロレラ抹茶を別のボールにふるっておきます。 (コツ3 必ずふるってください。小麦粉と抹茶は粒子の大きさが全く違います。)
7.小麦粉とクロレラ抹茶を5.に加えて、粉が見えなくなるまでゴムベラでさっくり混ぜます。
8.バターと牛乳を湯煎で溶かし、7.のひとすくいを加えてよく混ぜます。
9.バターと牛乳の全量を7.に混ぜ、ゴムベラでよく混ぜます。
10.型にバターをぬり、小麦粉を少々ふるいます。
11.型に生地を流しいれます。
12.オーブンの温度を160℃に下げて約35分じっくり焼きます。(コツ4 低温で焼くと、きめ細かいスポンジになります)
15.オーブンから出して、まな板の上で20センチぐらいの高さから下に落とします(縮みを防ぐためです)。
16.生クリームを泡立てます。砂糖を入れて混ぜます。
17.スポンジケーキを横半分に切り、木苺で飾りつけをします。


0 件のコメント:

コメントを投稿